お食い初めとは?

お食い初め(おくいぞめ)は、新生児の生後100日目ごろに行われる儀式のことです。
地域によっては110日や120日のところもあるようですよ。

「一生涯、食べることに困らないように」や「丈夫に育つように」と願いを込めて食事をする真似をします。